阿字観瞑想体験

大聖院の坐禅は、詳しく言いますと、阿字観瞑想です。
具体的には、屏風の中に大きな月輪(がちりん)を描き、その中に梵字の「阿」が蓮華の花の上に鎮座している図(曼荼羅と表現する場合もある)です。 月輪の中には①清浄(月がキレイ)、②清涼(月が出ていて涼しい)、③光明(月が明るい)という3つの徳が見受けられます。 阿字の下にある蓮華は心臓を現し、また知識を表現している。 阿字観を観法することにより、阿息観(あそくかん)、月輪観(がちりんかん)、阿字観の3つを体現できるようになるのです。

阿字観は一切衆生(いっさいしゅじょう)と共に供養をしていくもので、「阿」という文字の中にある「本初より不生」の意味があります。 この、「本初より不生」を仏教用語で「阿字本不生(あじほんぷしょう)」といい、「阿」字は第一命であり、行者全体を象徴する呼吸の最上であり、「本初より不生」なもの=仏という流れになります。つまり、仏と行者の一体を観想するものが、阿字の観法(行うこと)です。真言密教における到達点→悟りを目指す→究極の瞑想法という位置づけをされているものでです。

阿字観瞑想体験

体験受け入れ期間 通年(年末年始はお休みします)
体験受け入れ時間 9:00 ~ 14:00
体験所要時間 30分~40分
体験可能人数 1人 ~ 30人
料金 お一人 500円(税込み)

阿字観瞑想体験 お申し込み方法

阿字観瞑想体験は、下記の要領でお受けいたしております。お電話かメールどちらかでお申し込みください。なお、お寺の行事があるときは、お受けできない場合があります。

〇電話の場合: 0829-44-0111
〇メールの場合: 下記のフォームからお申し込みください。

阿字観瞑想体験メール申し込みフォームはこちら

必要項目をご記入の上、確認画面へお進みください。折り返しご連絡を差し上げます。
迷惑メールフィルターなどの設定をされている方は、<daisyoin806@lily.ocn.ne.jp>からのメールを受信できるように設定してください。
の項目は必須となっております。

お名前

入力例:山田 太郎

ふりがな

入力例:やまだ たろう

郵便番号 -

入力例:739-0592
※郵便番号を入力すると住所が自動入力されます。

ご住所

入力例:広島県廿日市市宮島町210

お電話番号 - -

入力例:0829-44-0111

メールアドレス

入力例:sample@daisho-in.com

メールアドレス(確認用)

確認のため再度ご入力下さい。

お申し込み人数
ご希望の体験日時  
備考