星まつりのご案内

弥山は、弘法大師以来、天下の霊場として囚人の信仰厚く、大師以来の「きえずの火」は1200年余の今日、尚燃え続けています。
この霊火を点火して星供曼荼羅堂に本尊の星供曼荼羅をお祀りして、来る1月28日より2月節分当日までの7日間、毎日三座、二十一座の、星祭祈願を修法して、願主各位の当り星を祀り、家内安全、厄除開運を祈念してのち、お守札を授与しております。
御家族や、知人の方々が元気で向う一年間を安心して、幸せな日ぐらしができますよう、この「星まつり」をお勧めの上、お申込みの程お待ち申し上げます。

御祈願のお申込みはこちら

星まつりとは

星まつりというのは、人間の運命を支配している北斗七星、九曜星、二十八宿を供養して、
  • ○災難をのがれ、安全な日ぐらしができるよう。
  • ○福徳を増して、生活が豊かになるよう。
  • ○健康で、長生きすることができるよう。
という、息災、増益、延命の、三つの方を修行することであります。

宇宙は悉く因果関係によって成り立っていて、網の目よりも細かくなっています。この因果という網の中に居住し、生活している私達は、最も良い網の中に住むよう、心がけねばなりません。そのために、予測し難い運命を、出来得る限り、み仏のお力によって、いろいろなさわりからのがれて、「転禍為福」の幸福を授かるよう、それぞれの星をおまつりして祈願することは、年に一度の大切なつとめであります。
同時に、この星への祈りを通じて、 周囲一切の四恩(両親・国家・衆生・三宝の恩)に、感謝すべきを反省し、報恩道に人間をめざめさす、大きな行事であります。  

かぞえ年早見表・九曜星の吉凶

かぞえ年早見表 

表はスクロールしてご覧ください。

木曜星 月曜星 計都星 火曜星 日曜星 金曜星 水曜星 土曜星 羅睺星
大吉 大吉 大凶 大凶 大吉 半吉 末吉 半吉 大凶

九曜星の吉凶

羅睺星 この星は大悪星なり。何かと見込み違い多く、建築、移転、開業、拡張など時期尚早にして目前の利に心を惑わすなら大損失となって破滅する。災難失敗多く慎重の上にも慎重に過すべし。
土曜星 この星は半吉なり。夏秋に病気にかかり易く、願い事見合すべし。不注意による交通事故や怪我の危険あり要注意。親切あだとなり易し。諸事慎重に計画準備して来年に備えるべし。
水曜星 この星は末吉なり。目上知人に引き立てられて幸いあり。金運財運万事好調なれども慢心すれば大悪星なり。家庭内親族に慶事多く出費増える。春夏ひかえ目にするならば秋冬吉運あり。
金曜星 この星は半吉なり。万事快調に向かうも慢心すればたちまちに破綻をまねく。常に世間の恩を想い、暖かき心もちて、相手の立場になって行動するならば諸事飛躍成功の礎をきずく年となる。
日曜星 この星は大吉なり。思うがままに何事にも利あり、順風に帆を上げ走る舟の如し。されど親しき人を失い、秘事表面化して心労多きことあり。運気盛んなれども慢心独断を戒しめるべし。
火曜星 この星は大凶なり。火難、盗難、手形事故、交通事故、怪我、保証かつぎなどに最大の注意をなすべし。病い大病の恐れあり。身の回り問題多く慎しみて年の変わるを待つべし。
計都星 この星は大悪星なり。軽率な行動は裏目に出て思わぬ失敗をまねく。わけても春三ヶ月は注意を要す。ただし就職開業などには良き運もあり、買いもの吉、ただし資金借入大凶。万事慎重に過すべし。
月曜星 この星は大吉なり。心暖かき人は竜の水を得たるが如く幸運にして喜び事三重の年なり。全て物事をなすには良き相談相手を求め、熟慮すべし。吉凶交錯することあり、慢心することなかれ。
木曜星 この星は大吉なり。春にあいて木の芽を出すが如く何事を始めてもよし。ただし、思わぬ誤解を生んで親切が仇となることに注意。目先の小利に走らず健康に注意すべし。諸事、投機なすべからず。

祈願のおすすめ

星祭祈願

星祭り一ヶ年分の祈願料は下記の4種です。(お守札は個人別です。)
下記「御祈願のお申込みはこちら」ボタンからオンライン申込も可能です。

  • ・普通祈祷(紙札授与)1,000円
  • ・別祈祷(金札授与)2,000円
  • ・特別祈祷(木札授与)3,000円
  • ・特別大祈祷(木札(大)授与)10,000円 (御守札・御守・護摩祈祷致します)

お願い
星祭は、災難をのがれるだけでなく、開運も祈念するのですから、白星だからといって安心してはいけません。
あたり星が黒星(大凶)のお方は、なるべく特別祈祷をおすすめいたします。
年齢はのかぞえ年を書いてください。(早見表参照)

御祈願のお申込みはこちら